借金問題の解決方法

無料!簡単入力でOK!

借金返済相談シュミレーター!

ブラックリストと信用情報機関

よく世間一般でいわれているブラックリスト。
これに登録されると借り入れの類が一切出来なくなる、というものですが、それではこのブラックリスト。
一体消費者金融業界では、どのような存在なのでしょうか?
まず、消費者金融やクレジット会社がカードをする場合におきましては、借りようとする人の情報を確認する必要があります。例えば・・・
・この人は、何社の金融会社からお金を借りているか?
・借りている金額の総額はいくらか?
・また延滞等の事故情報はあるか?
そのような情報が事細かに、登録されている機関があります。
クレジット関連ならCIC、消費者金融であれば日本信用情報機構などがそうです。
またこれらの信用機関を大手金融機関では複数利用し、より情報精度を上げているケースも多々見受けられます。
ここで載せられる情報として重要なのが、事故情報です。
例えば極端な延滞や債務整理、自己破産、踏み倒しなどがそうです。
このような場合は異動情報として登録されることになります。
そしてこれこそが、ブラックリストの正体です。
さらに事故情報だけでなく、複数の業者で借り入れを受けていたり、多額の借り入れを受けていたような場合でも瞬時に見破られ、融資が断られる結果となります。
借り入れは計画的に行いたいものですね。

メニュー