借金問題の解決方法

無料!簡単入力でOK!

借金返済相談シュミレーター!

債務整理を考えるタイミング

債務整理を考えるタイミング、これが本当に大事です。
よくリストラされてから、或いは支払いが厳しくなってから、と言う人もいるようですが、実のところそこまで行ってしまった場合、手遅れになってしまっているようなケースも少なくありません。
それでは。債務整理を意識すべき時期とは、具体的にはどの事業がよいのでしょうか?
まず一番は支払い額が年収の3分の1程度まで行った場合。
もっと分かりやすいケース具体的なケースとしては、大手消費者金融会社が融資を断ってきた場合です。
支払額の3分の1、というのは実はローンを完済出来るかどうかの分岐点、といわれています。
このデータを裏付けるか如く。現在では年収の3分の1を超える借り入れが出来ないという、総量規制なる制度まで出来ています。
逆に言えばそこまで行ってしまったら。後は完済をどうするか?
支払いしやすくするにはどうすればいいのか?をしっかり考えるべき時期である、といえるでしょう。
2番目の大手消費者金融会社やクレジットカード会社が断ってくる場合も然りです。
厳しい言い方になってしまいますが、大手の金融会社が断ってくるということは、現状のままでは完済するのが厳しいとみなされた、と判断したほうがいいと思います。
債務額については常に向き合い、意識することが重要です。

メニュー